勉強管理SNS スタディプラス

現役塾講師Snoopy
こんにちは。現役塾講師のSnoopyです。今回は、Snoopy注目の学習アプリのレビュー。全国の受験生の3人に1人が使っているという驚異的な利用率をほこる学習管理アプリ「スタディプラス」について、そのメリットデメリットから使い方・評判、退会の方法、使うべき人、使うべきでない人までスタディプラスの全てをお話します。

 

スタディプラスは、まだまだ発展途上のアプリではありますが既に以下のような実績があります。( ゚Д゚)

 

全国の受験生の3人に1人が利用。

ユーザー数300万人突破。

2016年に日本e-Learning大賞を受賞。(アプリの権威ある賞)

 

現時点でも相当な実績です。( ゚Д゚)

ちなみに、このブログでもおすすめしているネット塾「スタディサプリ」のアプリ利用者は64万人。

5倍近い差がありますね。

なぜそこまで多くの人が利用しているのか?

そして、本当に大学受験において良い影響があるのか?

デメリットはないのか?

等々、あなたの気になることをSnoopyが実際に使ってみて、全てこの記事一つにまとめました。

※スタディサプリを含むネット塾もろもろについてまとめた記事もおすすめですので一緒にご覧ください。

 

スタディプラスの基本情報

タイプ 学習管理系アプリ
対象 高校生、社会人
ダウンロード費用 無料
アプリ内課金 なし
特徴 学習管理をするだけでなく、勉強の記録をSNSのように共有することでモチベ維持を実現するという画期的なアプリ
運営会社 スタディプラス株式会社
公式HP Studyplus公式サイト
公式Twitter Studyplus公式
公式YouTubeチャンネル スタディプラス運営事務局

以下がスタディプラスの紹介動画です。↓

現役塾講師Snoopy
完全無料というのが嬉しいですよね。(^^)/しかし、それでどうやって収益上げているの?!と疑問にいる人もいるでしょう。現状のスタディプラスの収益源は、大学の広告料が大きいみたいですよ。スタディプラスには多くの高校生が集まっているので、様々な大学が「うちの大学の広告をココに載せてください!」と言って、その代わりにスタディプラスに広告の掲載料を支払っているということです。

 

 

スタディプラスの評判・口コミは?

スタディプラスの評判・口コミ

スタディプラスのことをざっくりと理解してもらうためには。。。

詳しい使い方どうのこうのというのは後でじっくりお話します。(笑)

それにダウンロードして、触っていれば使い方はすぐ分かると思いますので。(笑)

それよりもまずは先にスタディプラスの評判・口コミを直接見てもらった方がなんとなくのイメージができます。

 

ということで、ここではスタディプラスの評判・口コミをご紹介していきます。(^^)/

AppStoreApplivの2サイトのスタディプラスに関する評判・口コミをまとめてみました。

 

まずは現時点での総合評価。

AppStore:★5段階評価中4.7!!

Appliv:★5段階評価中4.53!!

 

めちゃめちゃ高くて、驚きました。( ゚Д゚)

しかもAppStoreの評価人数は、現時点で約1万9000人なので相当な信頼度です。

ちなみにApplivはまだ25件ですが。(;^_^A

それにしても、なかなかここまで高い評価のアプリは珍しいですよね。。。

 

では、AppStore、Applivのそれぞれで紹介されている具体的な評判・口コミを見ていきましょう。

まずはAppStoreの方で紹介されている評判・口コミから。↓Snoopyのコメントを青文字にしてあります。

やる気が続く

記録をみて自分がどのくらい勉強してるかを見ることができるからやる気が続く。
これからも頑張れそう。
コメント(Snoopy)⇒自分が今までにどれくらい勉強してきたのかよりも、重要なことは結果を出せているかどうかです。しかし!!それ以前にやる気・モチベが続かないことにはもともこもないですからね。(;^_^Aモチベ維持がアプリでできるなんて画期的なことです。(^^)/

素晴らしい!

このアプリは同じ目標を持っている人と励ましあえる素晴らしいアプリです!
普段はあまり勉強しない僕ですがStudyplusをやっていると自然とやる気が出てきて集中できます。
コメント(Snoopy)⇒人間って何事でも仲間と一緒にやると何倍も面白くなったりしますよね。Studyplusは、うまくその人間の習性的な部分を利用しているのでしょう。

とても役に立っています!!

分からない問題などを質問すると、3分以内には解説付きで回答がきて、詳しく教えて頂けます!また、とてもわかりやすいノートが沢山投稿されていて、たくさんのノートを参考にすることができます!
コメント(Snoopy)⇒Studyplusには「先生が質問に答えるみたいな機能」はありませんので勘違いしないように。(;^_^A彼女の言っているのは、おそらくコミュニティの中で同じ受験生仲間に質問を投げたら、誰かが親切に返してくれるということですね。

運営に感謝!

試しに1週間使ってみてください!受験生におすすめです!ゲーム系の高校もないですしね(^^)/「その他」の「コミュニティー」では、勉強垢のようにも使えますよ!
コメント(Snoopy)⇒無料で全ての機能が使えるのにも関わらず、広告がうっとおしくないってのは使い勝手が非常に良いってことですね。(^^)/

人生変わったアプリ!

将来高校なにしてたっけなぁと、ふと思った時にはおそらくこのアプリが1番に出てくるでしょう。(笑)
コメント(Snoopy)⇒そこまで言うか?!ってレベルですが。。。(笑)それくらいにStudyplusが彼の人生に大きな影響を及ぼしたのは間違いないでしょう。

モチベUP!

学校だと勉強時間を堂々と言えないけど、このアプリなら言える!頑張ったらその分みんなに「頑張ってるね」って言ってもらえるところが凄くいいです(^^)/あと、勉強時間がグラフになって見えるので、サボった日は「やばい、やらなきゃ」ってなります(^^)/凄くモチベがあがるので、このアプリはすごくお気に入りです!
コメント(Snoopy)⇒学校だと確かに頑張ったアピールってできないですよね。。(;^_^Aネット上だからこそ、素直に認め合えるということでしょう。

 

続いて、Applivの方の評判・口コミ。↓

唯一の勉強専用SNS。日本中の勉強したい人たちが集まったコミュニティーです。参考書のバーコードをスキャンすればどのくらい勉強したのか共有することができます。秒単位で○○を何時間勉強したという報告が流れてくるので自分もしなくちゃいけない!という気になります。シェアされた勉強方法をみたり様々なグループに入ったりもできるので意識づけにもなります。グラフで記録を見ることもできるので状況が容易に把握できます!
コメント(Snoopy)⇒周りの影響を受けやすいって人は、良い意味で刺激になるってことですね。(^^)/彼の言う通り、誰がどんな参考書で勉強をしているとかも一目で分かるようになっています。しかも、それが志望校別で分かったりしますよ。(^^)/例えば、○○大学を志望している人が今一番取り組んでいる参考書ランキングとか分かります。

勉強のペースメーカー!眠くて寝ちゃおうかなぁ。。。なんて時、もうやりたくないなぁ。。。そんな時だってこのアプリを開けば皆のタイムラインは24時間更新されてます。まるで深夜の通販番組のよう。この人達もこんな時間にこんなテンションで頑張ってるんだから自分だって!そんな力がありますよ。
コメント(Snoopy)⇒こんなに頑張ったら十分でしょ!って自分で思っても上には上がいるんですよね。(笑)あなたの価値観や基準を良い意味で壊してくれるきっかけになり得るってことです。(^^)/

勉強を続けるためのアプリです。三日坊主でなかなか続けられない、やる気が起きない人にはオススメです!1週間の目標時間設定ができて、同じ目標を持つ人と競争しあって勉強できます。達成感が得られるのでいいです。
コメント(Snoopy)⇒受験勉強って強烈な目的があったとしても、結果がついてこないと、モチベって下がりますからね。。。達成感を得られることがモチベ維持のヒントなのかもしれません。

 

星5つばかりで、良いことばかり言っているのを取り上げているように見えるかもですが。。。

総合評価が異常に高いことを加味すると、これがリアルの意見ってことです。

現役塾講師Snoopy
上のような口コミだけ見ると、誰が使っても受験勉強には絶対にプラスだろうと思えてしまいますが。。。果たしてスタディプラスにデメリットはないのか?!。。あります。(笑)普通にデメリットも存在します。ここからは、スタディプラスの具体的な使い方と機能をまとめた後に、Snoopyの目線から見たスタディプラスのデメリット・メリットをご説明していきます。

 

スタディプラスの使い方と機能まとめ

スタディプラスの使い方と機能まとめ

さて、さきほどの評判・口コミを見ていただければ、スタディプラスのざっくりとしたイメージはできたのではないでしょうか。

それでは実際の画像を用いて、スタディプラスの使い方とその機能をご説明していきます。(^^)/

※実際に使ってみてもらえれば、使い方自体はすぐ慣れるので、大丈夫です。(^_-)-☆それよりもどんな機能があるのかをスタディプラスのアプリ画面を見ながらイメージして欲しいと思います。

 

使い方と機能その①「勉強時間の記録」

まずは本棚に、自分の勉強する参考書や問題集などの教材を登録します。

市販の教材はバーコードを読み取るだけで登録可能です。

カテゴリ別に使われてる教材のランキングとかも見れるようになってます。

スタディプラスのアプリ画像1スタディプラスのアプリ画像2スタディプラスのアプリ画像3スタディプラスのアプリ画像4

 

教材を本棚に登録すると、その教材の勉強時間を記録できるようになります。

ストップウォッチ機能や、タイマー機能もあるので、めちゃ便利です。(^^)/

スタディプラスのアプリ画像5スタディプラスのアプリ画像6スタディプラスのアプリ画像7スタディプラスのアプリ画像8

 

教材の勉強時間を記録すると、自動的にグラフ化されます。

そして、自分のタイムライン・友達のタイムラインにその勉強時間が報告されるわけです。

Snoopyも試しにやってみたところ、タイムラインに報告されてから、3分ほどで誰かがいいね!をしてくれました。(笑)

スタディプラスのアプリ画像9スタディプラスのアプリ画像10スタディプラスのアプリ画像11スタディプラスのアプリ画像12

 

現役塾講師Snoopy
タイムラインに自分の友達の勉強記録の報告が次々と届くので、かなり刺激になります。( ゚Д゚)例えば、同じ志望校の仲間を探して友達申請をしておけば、どのくらいの量を勉強しているのかよく分かりますね。もしくは、学校の友達と競い合いなんかもできるのではないでしょうか。(^^)/いろんな使い方ができそうです。

 

使い方と機能その②「コミュニティ」

アプリの画面下のその他をクリックすると、その中にコミュニティという機能があります。

ありとあらゆるコミュニティがありますね。( ゚Д゚)

例えば、人気コミュニティの一番メンバーの多い「朝活しよう!」をクリックしてみると。。。

スタディプラスのアプリ画像13スタディプラスのアプリ画像14スタディプラスのアプリ画像15スタディプラスのアプリ画像16

 

トピックというところに、いろんな話題が掲載されています。

「ペアで朝学しませんか?」というのは、スタディプラス内の誰かとペアになって早朝から勉強を頑張りましょ!的な感じですね。(^^)/

他にも、勉強法に関するコミュニティや数学の質問場なんてコミュニティもありました。

スタディプラスのアプリ画像17スタディプラスのアプリ画像18スタディプラスのアプリ画像19スタディプラスのアプリ画像20

 

数学の質問をトピックとして挙げて、それに誰かが答えてくれるって感じですね。(^^)/

また、自分でコミュニティをつくって管理することもできますよ。

スタディプラスのアプリ画像21

 

現役塾講師Snoopy
Snoopyみたいな塾の先生が、塾の生徒達を集めたコミュニティをつくって管理するなんてこともできそうですね。(^^)/学校の仲の良い子と期末テストを頑張るコミュニティとかもあり得ますし、なんでもいけそうです。(^^)/

 

使い方と機能その③「大学別の志望者の動向」

アプリの画面下のその他をクリックすると、その中に大学を探すという表記がありますね。

試しに東大を検索してみました。(^^)/

大学の情報やパンフレット・願書をここから取り寄せることも可能です。( ゚Д゚)

すごいと思ったのは、合格者の声の右にある「ランキング」という項目。クリックすると。。。

スタディプラスのアプリ画像22スタディプラスのアプリ画像23スタディプラスのアプリ画像24スタディプラスのアプリ画像25

 

 

東大志望の受験生の1週間の合計勉強時間のランキングが出てきます。( ゚Д゚)

同じ志望校の受験生達がどのくらい勉強しているのかが分かって良いですよね。

それ以外にも、その大学を志望している受験生達が使っている参考書・問題集のランキングも出てきます。

例えば、東大の場合は、「鉄緑会の鉄壁」が一番使われていると分かります。( ゚Д゚)

スタディプラスのアプリ画像26スタディプラスのアプリ画像27

 

現役塾講師Snoopy
同じ志望校の受験生の動向がなんとなくでも知れるのはかなりでかいです。しかも古い情報ではなくリアルな情報なので、モチベが刺激されます。

 

使い方と機能その④「目標設定とイベントカウントダウン」

1週間単位で自分の目標設定をしたり、イベントのカウントダウン設定が可能です。

例えば、1週間の勉強時間の目標を5時間/1日で計35時間と設定しました。

すると、現在の勉強時間が目標の35時間に対して、何%かという表示が出てますね。( ゚Д゚)

さらに自分の目標は、タイムラインに投稿することが可能。

友達に宣言するような感覚ですね。

スタディプラスのアプリ画像28スタディプラスのアプリ画像29スタディプラスのアプリ画像30スタディプラスのアプリ画像31

 

こんな感じ↓でタイムライン上に宣言されます。もう逃げれません。(笑)

イベントカウントダウンの設定は、例えば目標にしたい模試の日付とかを入力。

するとあと何日というカウントダウン表示が始まります。

ちなみに、その日が近づくと通知も入るので気合が入りますね。!(^^)!

スタディプラスのアプリ画像32スタディプラスのアプリ画像33スタディプラスのアプリ画像34スタディプラスのアプリ画像35

 

現役塾講師Snoopy
ただただ自分の中で目標を設定するだけでは、自分に甘い人は達成できないことの方が多いですよね。友達のみんなに宣言することで絶対にやらねばという気持ちになれます。(^^)/また、カウントダウン機能もカレンダーに記入しておくだけでは意識の外になりがちですが、通知がくるのでより強く意識できるようになるでしょう。(^^)/

 

現時点でのスタディプラスの使い方と機能は以上になります。

今後もどんどん新機能が追加されてくると予想されるので、随時更新していきますね。(^^)/

さて、以上を踏まえた上でスタディプラスのメリット・デメリットをまとめていきます。

 

スタディプラスを使うメリットは結局どこなの?

スタディプラスを使うメリット

AppstoreやApplivなどの評判・口コミには、「勉強が続く!」「やる気が出る!」などのモチベ維持に関することが多く書かれていましたね。

確かにスタディプラスの一番のメリットは、学習を続けるモチベーションを維持できることにあるでしょう。

しかし、それ以外にもメリットはまだまだありますよ。(^^)/

スタディプラスを使うメリットをまとめると以下のようになります。

 

  • 勉強時間が可視化できるため、科目毎の勉強時間の配分がコントロールできること(特に国公立を志望しているような子にとっては重要な要素)
  • 自分の勉強情報と他人の勉強情報を共有することで、刺激を受けモチベーションになる
  • 同じ志望校の受験生達の勉強の様子が分かるため、自分がどういう状況にいるのかが把握できる
  • 同じ目標に向かう仲間ができる

 

モチベ維持以外のことで特にメリットと言えるのは、自分を客観視できることですね。

自分を客観的に見る能力って、実はかなり重要なことなんです。( ゚Д゚)

 

参考書・問題集ごとの勉強時間を記録し、それをグラフ化して後から見れるわけです。

自分がどのくらいの時間配分で勉強しているのかが、よく分かりますよね。(^^)/

無意識に、苦手科目をやらずに得意科目ばかりやっていたことに気付くかもしれません。( ゚Д゚)

特に国公立志望で、入試科目の数が多い受験生にとっては、勉強時間の配分は重要になってきます。

 

もう一つは、同じ志望校の受験生達がどのくらいの時間勉強しているか、どんな参考書・問題集を使っているのかを把握することで、現在の自分の状況を明確に知れることになります。

例えば、「こんなにたくさんの時間勉強したし、少しくらい遊んでも良いやろ」と思ってスタディプラスを見たら、自分と同じ志望校を希望している他の受験生達は、自分の倍勉強していると分かったりとかね。(;^_^A

どれくらいの勉強量が必要なのかは、人それぞれなんですけど、同じ志望校を希望している受験生の勉強時間は、1つの基準になるでしょう。

 

現役塾講師Snoopy
あらためてメリットをまとめてみると、本当によく作り込まれたアプリだなと思います。( ゚Д゚)今の時代の高校生の深層心理をしっかりと研究して、それを元に作られているのでしょうね。

 

スタディプラスのデメリットはどこにあるの?

スタディプラスのデメリット

スタディプラスはメリットだけではありません。(^_-)-☆

評判や口コミの方ではデメリットはあまり書かれていなかったので、気付いてない受験生が多いのかもしれません。(;^_^A

デメリットをまとめると以下のようになります。

 

  • 勉強時間ばかりに意識が奪われ、勉強の質には意識が向かない恐れがある
  • 目標が点数を上げることではなく、勉強時間の達成に変換されてしまい本末転倒の恐れがある
  • コミュニティ機能に夢中になり、逆に勉強時間が奪われる恐れがある
  • スマホをいじることで、ついでに他の遊びのアプリをやってしまう恐れがある

 

ここで肝心なことを言います。

スタディプラスを使ったからと言って、勉強の質そのものが上がるわけではありません

ここで言う勉強の質は、どのような勉強の取り組み方をすれば、偏差値が上がるかということです。

 

本来、受験勉強の本質は、問題解決です。

つまり、自分の偏差値が低い原因は何だろう?偏差値が上がらない原因は何だろう?と、その改善策を考えて実行する。

その過程で、問題解決能力が養われるわけです。

それが、受験勉強の一番の財産となります。

別に連立方程式が解けたところで、社会人になってもたいして役には立ちません。(笑)

しかし、問題解決能力は社会人になったとき、どんな職種に就いても最強の能力となります。( ゚Д゚)

 

スタディプラスを利用することで、勉強時間の方に意識が向き過ぎてしまうと、本来鍛えられるべき問題解決の力を鍛え損ねてしまう恐れが一番のデメリットと言えるでしょう。( ゚Д゚)

 

現役塾講師Snoopy
デメリットと言っても、この記事を読んだあなたは上記のことに注意して使うことができれば、スタディプラスはメリットしかないとも言えます。(^^)/ただ流行っていてみんな使っているからという理由だけで利用し始めると、上記で述べたようなデメリットに陥ってしまう可能性大なので、十分に注意してくださいね!!

 

スタディプラスを使うべき人・使うべきでない人

スタディプラスを使うべき人・使うべきでない人

スタディプラスのメリット・デメリットを踏まえた上で、スタディプラスを使うべき人・使うべきでない人についてお話していきます。

 

使うべきはこんな人

模試の偏差値が低い・上がらない原因は、勉強に対するモチベーションだと思っている人。

「もっと勉強量を増やさないとな~。。。」

「なんかやる気にならないんだよな。。。」

「勉強時間さえ増えれば、偏差値は上がりそうなんだけどな。。。」

みたいなことを思っている人ですね。

 

まぁしかし基本的には誰でも注意して使いさえすれば、スタディプラスは受験勉強にプラスになるでしょう。(^^)/

 

特に、絶対的に勉強時間が足りていないような人がスタディプラスを利用するのは、効果絶大です。( ゚Д゚)

あとは、国公立大学を志望している人

その中でも特に、科目ごとの勉強時間をうまく配分できないという人は使うべきでしょう。

 

あとは、このブログの評判・口コミの部分を見て、「スタディプラス使ってみたいなぁ」と思った人は魅力に感じているということなので、使うべきでしょうね。(^^)/

 

現役塾講師Snoopy
ただし、スタディプラスを使う際にはこのブログに書いたデメリットの部分をよくよく読んで、気をつけて使いましょう。(^^)/

 

こんな人は使うべきではないかも

やる気・モチベは十分にある!だけど、模試の偏差値が低い・上がらない人。

「やる気がないとか、モチベがどうとかうるせーよ。そんなのあり過ぎるくらいだよ。」

「そんなことより、どうやって勉強したら偏差値が上がるんだよ。」

みたいな人ですね。(笑)

 

上記のような人は、勉強時間なんかとらわれずに、とにかく自分の偏差値が上がらない原因を考え、改善策を実行することに集中した方が良いです。( ゚Д゚)

それが、最も受験に成功する道だと思ってください。

 

自分一人で解決することは無理があると思ったら、その道の達人を頼った方が良いです。

その道の達人というのは、大学受験の専門家ですね。(^^)/

Snoopyの場合は、予備校の先生の意見を参考に自己流を加えて、どうして自分の偏差値が上がらないかの原因を突き止めて、改善策を見出しました

 

ただし、今の時代は大金をはたいて大手予備校に行く必要性はあまりありません。(;^_^A

なぜなら、スタディサプリに代表されるネット塾が存在するからです。

 

自分の偏差値が上がらない原因が分からないという人は、スタディプラスを使うよりもスタディサプリのようなネット塾を利用して、勉強の相談相手を見つけた方が解決につながるでしょうね。

 

Snoopyが推薦するネット塾を「おすすめネット塾の比較・ランキング【高校・大学受験版】」として一つの記事にまとめておりますので興味のある方はご覧ください。↓

 

また、スタディサプリに関しては、下記記事で活用法まで詳しく書いておりますので興味のある方は是非。↓

 

首都圏、静岡近隣に在住の方はリアル塾でもおすすめの塾が一つだけありますのでレビューをご覧ください。↓

 

現役塾講師Snoopy
Snoopyも大学受験の専門家ですので、ご相談いただいても構いませんよ。(^^)/無料で受験に関する相談をこちらで受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。(^^)/

 

退会はどうやってするの?

最後によく質問で多いので、退会するときの方法について画像を使って説明しておきます。

下記画像が退会の流れです。↓

  1. アカウント設定というところをクリック
  2. 退会をクリック
  3. 退会理由を書いて退会をクリック

スタディプラスのアプリ画像36スタディプラスのアプリ画像37スタディプラスのアプリ画像38スタディプラスのアプリ画像39

あなたに合うネット塾がきっと見つかる

受験生の80パターンにも及ぶ様々な状況に応じて。

それぞれの場合に最も適切なネット塾をご紹介しています。

あなたに合ったネット塾が必ず見つかると思いますよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事